マンションの売却はタイミングが重要

早い時期に売り出しを始め価格も下げたことで買い手が

マンションの売却はタイミングも重要早い時期に売り出しを始め価格も下げたことで買い手が時期的にも金額的にもちょうどよく売却できた高い価格でマンションを売却できて大いに満足しています

ただ、三月に売り出しをしても少し遅いですので前の年の段階から不動産会社に相談しました。
十一月ぐらいから相談をし、来年の二月ぐらいに売れるようになればいいかと話しをしていたところ、ちょうど二月に売れたのは何かの偶然でしょうか。
いずれにしても、希望がかなってラッキーでした。
金額は、不動産会社が提示してくれた金額から一回値段を下げました。
十一月に不動産会社と契約をし、十二月の最初のころに売り出しをしましたが、最初はだれからも連絡がありませんでした。
やはり、金額が高かったからでしょう。
もちろんすぐに売れなくてもよいと思っていたので値段をそのままにしておきましたが、ためしに少し値段を下げましょうと不動産会社から言われ、50万円ほど下げてみたところ、何件か連絡がありました。

例えば一重の人が至高の美であるとされている社会であれば、自分が二重が好みだから二重の人を選んだとしても、
周りの奴からはあいつはモテないから一重の奴と付き合ってるんだとレッテルを貼られてる

人間相手なら自分の問題だけどこれがマンションだと、
売りたいときに売れなくなっちまうんだな

— 下関北九州道路アンチ豊予海峡派OLちゃん (@piyopiyoshukipi) 2019年4月3日
内覧させてほしいと述べる人もいるぐらいです。
実際に日時を決め、内覧してもらいましたがその時に決まったわけではありません。
きれいに掃除をしていたのに、決まらなくて残念でしたが、やがて1か月もするうちに再び内覧したいとする家族が2組ほどあらわれました。
そのうち後から来た人たちが契約者になります。
つまり最終的に私の家を購入してくれた人です。
金額としてはまあまあの金額だったので申し分がないでしょう。